パブリシティとは?

パブリシティとは?

つまり、無料の広告とも言える

価値あるニュースを作り、マスメディアへ情報提供すること(FAX、TEL、持参、メール、郵送)

それを⾒た記者やライターが、担当しているメディアへ記事を掲載するために興味のあるニュースリリースをピックアップ!・・・適時、取材の依頼が入る事があります。

マスメディア・記者等によって記事化された、商品や会社の掲載情報は(商品やサービス)に「信頼感・安⼼感」を付加します。

ニュースで扱ってもらうパブリシティ

パブリシティはプロモーション活動の一つ。

同じメディアを使用するとしても、広告は有料、パブリシティは原則無料、というのが大きな違いです。
ニュースとして価値がある情報を提供し、マスコミで取り上げてもらうからです。

ただし、無料である場合、必ず取り上げられたり、好意的に扱ってもらえるか?という保証はありません。

「広報」・「PR」 と呼ばれたりする

パブリシティには、ニュースや話題性のある新製品情報を提供する【製品パブリシティ】の他、企業動向などを知らせる【ニュースパブリシティ】、ファッションや食べ物その他興味深い情報を提供する【サービスパブリシティ】などがあります。

それらの目的は、広く報じて、一般社会からの信用や理解・協力を得て体外的に良好な関係を作ること。

広報や PR(パブリックリレーションズ)と呼ぶのはそのためです。

ニュースが記事掲載された後の効果は?

後パブ効果で、さらに露出機会を増やすこともできる

ニュース掲載記事を見た、他の報道機関の記者より、「取材のオファー」がある可能性大!

記者もネット検索を活用しています

多数のメディア露出の機会を通じて、更なる認知度アップにつながります。

掲載実績の2次利用による信頼度アップ

ニュース掲載されたことを、WEBサイトや自社の独自メディア(例えば、Facebookページなど)で公開すると、顧客からの信頼感をあげることにつながります。

WEB上で検索されやすい状態になる

ニュース掲載された商品名や御社名が認知されると、大手ポータルサイトでキーワード検索される機会も増え、オフィシャルサイトなどのSEO効果も期待できます。

つまり

市場における信頼の担保作りができるのです

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る