企業の広報活動とは?

広報とPRの違い

そもそも広報とPRはどう違うのでしょうか?

  • 広報は、知らせて聴くことに重点
  • PRは、よりよい関係作りに重点

状況に併せて相互の利点を活かした使い分けをします。

広報・PRには種類がある

広報・PRとは、企業におけるコミュニケーション活動の一つです。そのコミュニケーション活動には、複数の種類があります。

コミュニケーション活動の種類


企業の広報活動を成功させるためには、まず、経営目標と経営計画の中で広報、広告・販売促進の政策と計画をたて、その中で広報活動を展開する、というスタイルをイメージするのが良いでしょう。

企業の広報活動の展開イメージ

企業の経営戦略(目標・方針)に基づき大きく2つのコミュニケーション機能に分けて活動を展開していきます。

 1.コーポレートコミュニケーション:広報活動
 2.マーケティングコミュニケーション:広告・販促活動

これら二つの機能(部門)を通じて、ステークホルダー(利害関係者)に対し情報の受信と発信(コミュニケーション活動)を展開します。

さらに企業広告や商品パブリシティでブランドイメージを上げていくと良いでしょう。

広報活動を展開する相⼿(ゾーン)と実行内容イメージ

各ゾーンに対し、コミュニケーションポリシーを踏まえ、情報の受発信を実施します。

広報活動を展開するためには?

広報計画を立案し決定後、スムーズに実行するためには、事前準備が必要です。
まずは主要な項目をピックアップしてみました。

  • 広報体制を作る

担当者や広報マニュアルの作成など

  • 広報ツールを作る

広報の基礎資料(ファクトブック)、会社や商品サービス   のパンフレット、ウェブサイトなど)

  • データを整備する

業界関連データ、顧客動向のデータなど

  • 広報の対象リストを作る

主なメディアやオピニオンリーダーなど

  • 情報提供活動を行う

ニュースリリースやニュースレター、記者発表、メディアリレーション、タイアップパブリシティなど

  • 情報収集活動を行う 

業界関連動向や顧客動向など

  • メディアの取材協力を行う

参考図書:広報110番―パブリック・リレーションズ実務事典

PRにも区別がある

PRには、【広義のPR】と【狭義のPR】があることも知っておきたい一つですね。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る